太陽光発電は利益にならない?始めるときの考え方

太陽光発電は利益にならない?始めるときの考え方

家庭用の太陽光発電は利益を得るのが難しくなった

家庭でも太陽光発電を始めると利益を得られるということがよく言われていました。固定価格買取制度によって、長期間にわたって電力を高い単価で売ることができたからです。固定価格買取制度自体は継続されていますが、単価が毎年下がってきていて大きな売電収入を得ることが難しくなりました。その影響で家庭用の太陽光発電では利益を得るのが困難になっています。当初は10年近く運用すれば設置費用をカバーできる試算になるのが普通でしたが、現状ではもっと運用を続ける計画を立てても利益になるかどうかの判断が難しい状況があります。太陽光発電の設置に関わる補助金制度も少なくなり、安く設置するのも難しくなったのも影響しています。

災害対策として検討しよう

家庭用の太陽光発電はネットゼロエミッションの考え方が推進されている影響もあって、新築住宅を建てるときには前向きに検討する必要が生じています。しかし、今の家に新たに設置する必要があるのかと考えると、利益を得るという視点ではあまり合理的ではないでしょう。ただ、実際にはそれでも太陽光発電を始めている家庭はたくさんあります。考え方として最も一般的なのは災害対策としての太陽光発電の設置です。地震や台風によって停電になり、電力供給が長期間にわたって途絶える事例が全国的に相次いでいます。その状況を考慮すると、自前で発電できる太陽光発電を設置すると安心でしょう。このような視点で太陽光発電を取り入れ、快適な住まいを作ろうという考えが広まっています。

太陽光発電の価格は当初と比較するとかなり安くなりました。投資としても、限りある資源を有効に使うという点でも検討する価値があります。