倉庫経営には何が必要?管理について知っておこう!

倉庫経営には何が必要?管理について知っておこう!

倉庫経営で必要なのは管理業務

倉庫を使って賃貸経営をする方法は地域によってはよく行われています。企業が大量の在庫を保管したい、入荷した原料を置いておきたいといったニーズに応えられるのが貸し倉庫の特徴です。工場が多い地方では貸し倉庫のニーズが高く、安定して利用企業を確保できる傾向があります。倉庫は経営者の負担が小さいのが魅力で、やり方によっては不労所得にすることも可能です。経営者としてやらなければならないのは管理業務です。倉庫管理と利用者管理の二つに分けることができます。この二つをきちんと行っていれば、ニーズのある地域なら安定収入を維持できるでしょう。倉庫経営で必要とされる管理業務はどのような内容なのでしょうか。

二つの管理業務の特徴

倉庫管理は倉庫を安定して安全に利用できるようにするための管理業務です。倉庫のセキュリティを充実させて盗難などの防止をします。監視カメラの設置やドアロックの二重化などもよく行われているものです。また、倉庫の設備の点検やメンテナンスを実施するのも重要な業務です。電気系統や空調設備などの定期点検を実施し、環境の維持に努めます。

利用者管理は契約に関わる管理業務です。新しい利用者からの問い合わせがあったら対応し、ヒアリングをして料金やサービスを提示します。申し込んでもらえたら契約書を作成し、鍵を渡すなどの対応をします。その後は料金の徴収を行ったり、トラブル発生時の対応をしたりするのが仕事です。解約への対応も利用者管理の範囲に入ります。

3PLとはサードパーティー・ロジスティクスのことで、企業内の物流部門を他社へ委託し事業拡大を模索しメリットを持つものです。